教育改革シンポジウム



4年一貫教育を掲げる新教育課程の実施に伴って、1995年以降は、不断に教育改革をすすめるための全学的な議論の場を設けるという趣旨から、「教育改革シンポジウム」が開催されるようになりました。
これは当初、全学共通教育カリキュラム委員会(1994-97)が企画・実施を担当していましたが、同委員会が教務委員会に統合された1998年からは教務委員会内の大学教育検討委員会が企画・実施の任にあたり、2003年度から大学教育研究センターが引き継いでいます。これまでのテーマ・報告者は次のとおりです。
新しいものから掲載しています。


第24回 2016年9月29日

テーマ「学生の主体的な学びをはぐくむ授業のあり方を考える
―反転授業を活用したアクティブ・ラーニング」
  • 講演「学生の深い理解を促すアクティブ・ラーニング
    ―反転授業導入の可能性を考える」
     (森 朋子:関西大学 教育推進部 教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第23回 2015年12月21日

テーマ「高大接続の観点からの入試・教育改革について」
  • 講演「京都大学におけるAO 入試制度について」
     (楠見 孝:京都大学 大学院教育学研究科 教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第22回 2014年12月8日

テーマ「グローバル化への積極的対応と初年次教育・全学共通教育改革」
  • 講演「高等教育大衆化での研究大学の役割-研究と教育を統合した高大接続の展開-」
     (羽田貴史:東北大学 高等教養教育・学生支援機構 教授・副機構長
           大学教育支援センター長
           学際融合教育推進センター長
           キャリア支援センター長)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第21回 2014年9月10日

テーマ「日本型4学期(Quarter)制について」
  • 講演「早稲田大学における4学期制(Quarter制)導入の背景と目的」
     (田中 愛治:早稲田大学理事(教務部門総括)
          政治経済学術院教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第20回 2013年5月27日

テーマ「学士課程における全学共通教育の課題と方向性」
  • 講演「大阪府立大学の全学共通教育の課題と方向性」
     (高橋 哲也:大阪府立大学 学長補佐
          兼 高等教育推進機構副機構長)
  • 講演「大阪市立大学の全学共通教育の課題と方向性」
     (池上 知子:文学研究科長)
     (保尊 隆享:理学研究科長)
     (桐山 孝信:副学長・大学教育研究センター所長)
  • パネルディスカッション「学士課程における全学共通教育
      の課題と方向性」

    ※チラシ(PDF版)はこちら

第19回 2012年9月27日

テーマ「本学の国際化・グローバル化に対応する教育・研究のあり方」
  • 講演1「大阪市立大学のグローバル化に対応する教育・研究の方向性」
     (西澤 良記:学長)
  • 講演2「大阪市立大学の国際化戦略について」
     (中川 眞:国際センター所長・文学研究科教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第18回 2011年9月29日

テーマ「研究大学における教育・学習環境の構築 筑波大学の事例に見る学部教育と大学院教育のシナジー」
  • 講演「教養教育改革と大学院キャリア教育の連携―TAと作る授業」
     (宮本 陽一郎:筑波大学 教授)
  • コメンテーター:玉井 金五(大阪市立大学 経済学研究科教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第17回 2010年9月30日

テーマ「学士課程教育の構築―この課題をどう受け止めるか」
  • 講演:寺ア 昌男(立教学院本部調査役、東京大学名誉教授、日本教育学会元会長、大学教育学会前会長)
  • コメンテーター:塩出 彰(大阪市立大学名誉教授)

    ※本シンポジウムは、大阪市立大学130周年記念・全学FD事業です。
    ※チラシ(PDF版)はこちら。ポスター(PDF版)はこちら

第16回 2009年11月28日

テーマ「学士課程における教養教育再考」
  • 特別講演(大学教育学会創立30周年記念)「教育への問いかけ」
     (鷲田清一:大阪大学 総長)

    ※本シンポジウムは、<大学教育学会2009年度課題研究集会・学会創設30周年記念事業との共同開催>です。
    ※「教育改革シンポジウムチラシ」(PDF版)はこちら
    ※大学教育学会2009年度課題研究集会(11/28・29)全体のプログラムのチラシ(PDF版)は、こちら

第15回 2008年9月29日

テーマ「大阪市立大学にはどのような学生が入学し、どのように学生生活を送っているのか―各種調査結果から考える」
  • 「データから見る高大接続の実態と学生像」
     (大久保敦:大学教育研究センター)
  • 「在学生を対象にした各種調査から見る学生像と学生生活」
     (西垣順子:大学教育研究センター)
  • 「卒業生に関する企業調査からみる学生像」
     (大島禎:学生支援課・就職担当課長)
  • 「大阪市立大学への進学選択と市大に進学する学生の様子」
     (田中政広:大阪府立三国丘高等学校・進路部長・大阪市立大学理学部数学科卒)

    ※チラシ(PDF版)はこちら


第14回 2007年8月1日

テーマ「大学院重点化時代の学士課程教育システムを考える」
  • 「学士課程におけるカリキュラム開発と単位制度実質化―北海道大学と東京農工大学における理系教育改革の経験から」
     (小笠原正明:東京農工大学大学教育センター教授・教育プログラム部門長)
  • 「大学教育の質保証のための教育システムづくり―単位制度と成績評価」
     (舘 昭:桜美林大学大学院国際学研究科教授・元大学評価・学位授与機構教授)

    ※チラシ(PDF版)はこちら


第13回 2006年10月5日

    講演「初年次教育とは何か〜学士課程における必要性と効果〜」
     (濱名 篤:関西国際大学学長)

    ※チラシ(PDF版)はこちら


第12回 2006年1月27日

テーマ「外から見た大阪市立大学の教育」
  • 「外から見た大阪市立大学の教育」
     (竹山健二:学友会副会長・有恒会会長・新日本監査法人代表社員)
  • 「外から見た大阪市立大学の教育」
     (西村仁:工学研究科名誉教授・関西外国語大学特任教授)
  • 「外から見た大阪市立大学の教育―入試の現状と高校生の意識」
     (冨森盛史:大阪府立清水谷高等学校長・大阪府高等学校進路指導研究会会長)

第11回 2005年1月28日

  • 講演「大学教育改革そして外国語教育の改革〜その重要性と課題」
     (寺ア昌男:東京大学名誉教授)

第10回 2003年1月31日

  • 講演「大学評価の動向と評価実施の課題」
     (舘昭:大学評価・学位授与機構)

第9回 2001年7月26日

テーマ「大学教育研究センターの役割」

  • 「大阪市立大学における大学教育研究センター構想の特色」
     (木野 茂)
  • 「大学教育センターの機能と役割」
     (小林昌二:新潟大学)

第8回 2000年11月29日

テーマ「大学教育改革の現状」

  • 「京都大学における教育改革の一場面
     −高等教育教授システム開発センターの役割を中心に−」
     (石村雅雄:京都大学)
  • 「高等教育のユニバーサル段階における学習支援−関西国際大学の試み−」
     (濱名 篤:関西国際大学)

第7回 1999年12月10日

テーマ「学部教育から見た全学共通教育・その2」

  • 商学部(畑 明郎)
  • 経済学部(正木八郎)
  • 医学部(舩江良彦)
  • 生活科学部(堀 智晴)

第6回 1998年11月27日

テーマ「学部教育から見た全学共通教育」

  • 法学部(野田昌吾)
  • 文学部(栄原永遠男)
  • 理学部(相川信之)
  • 工学部(青笹正夫)
  • コメント(児玉隆夫学長)

第5回 1997年11月14日

テーマ「全学共通教育の現状と課題」

  • 「神戸大学における一般教育の現状と課題」
     (瀧上凱令:神戸大学)
  • 「神戸大学大学教育研究センターについて」
     (波田重熙:神戸大学)

第4回 1996年11月29日

テーマ「4年一貫教育?私はこう考える」

  • 提案1(佐合紘一)
  • 提案2(南齋征夫)
  • 教育改革シンポジウムに寄せて−入試改革と教育改革について
     (西村仁:教務部長)

第3回 1996年5月31日

テーマ「本学の基礎教育科目と健康・スポーツ科学科目について」

  • 「全学共通教育の近況と課題について」(木野 茂)
  • 「基礎教育科目の現状と課題について」(小松 孝・谷口 誠)
  • 「文科系学生にとっての自然系総合教育科目について(柴田耕造)
  • 「健康・スポーツ科学科目の現状と課題について」(嶋田出雲)

第2回 1995年12月6日

テーマ「本学の外国語教育について−アンケート調査をふまえて−」

  • 「英語教育の現状と課題について」(芝原宏治・荒木映子)
  • 「新修外国語教育の現状と課題について」(広瀬千一)

第1回 1995年7月27日

  • 「全学共通教育の現状と課題について」(森本英夫)
  • 「総合教育科目の点検と見直しについて」(木野 茂)


トップへ戻る




Copyright(c) Osaka City University Center for Research and Development of Higher Education