FDワークショップ・大学教育研究セミナー



FDワークショップは、授業をデザインしていくにあたり、さまざまな工夫を取り入れている学内外の授業事例について紹介し、それらの事例に学び、互いに授業内容を高めていくことを目的として開催されています。また、大学教育研究セミナーでは、主に大学教育研究センター専任研究員による事例発表とディスカッションを行っています。
FDワークショップ・大学教育研究セミナーのテーマ・発表者は以下のとおりです。

◇FDワークショップ

教育支援のためのFDワークショップ(第17回):授業デザインワークショップH 2016年9月29日

  • テーマ:「知識・スキル伝達修得型授業でのアクティブラーニングのあり方を考える
    ―自律的学修者育成につながる教育の可能性―」
  • 話題:「知識伝達型の授業実践における能動的学修を取り入れた教育事例紹介」
     高橋 太(理学研究科)
     竹内 宏光(理学研究科)
     福島 祥行(文学研究科)
     森 朋子(関西大学、コメンテーター・アドバイザー)
       (司会:西垣順子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第16回):授業デザインワークショップG 2015年9月11日

  • 多人数授業でのアクティブラーニング実践:双方向型の講義運営事例(専門教育科目)の紹介
     山田仁一郎(経営学研究科)
       (企画・司会:飯吉弘子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第15回):2015年5月29日

  • 授業応答システム(クリッカー)の活用方法を考える
     玉井智子(キーパッド・ジャパン)
       (企画:西垣順子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第14回):2013年9月25日

  • 発達障がいのある学生への支援を考えるための事例検討型WSA
     伊丹昌一(梅花女子大学心理子ども学部教授・大学教育研究センター客員教授)
       (ファシリテーター:西垣順子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第13回):2012年12月3日

  • 発達障がいのある学生への支援を考えるための事例検討型WS
     伊丹昌一(梅花女子大学心理子ども学部教授・大学教育研究センター客員教授)
       (ファシリテーター:西垣順子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第12回):2012年10月19日

  • 授業応答システム(クリッカー)の活用方法を考える
     井上大輔(キーパッド・ジャパン株式会社)
       (企画:西垣順子(大学教育研究センター))

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第11回):2012年2月3日

  • 特別な教育ニーズをもつ学生への教育支援
    ―支援の届け方と見守り方について考える―
     伊丹昌一(大阪府教育センター教育企画部支援教育研究室首席指導主事・
       大阪市立大学大学教育研究センター客員教授)
     高橋太(理学研究科)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第10回):授業デザインワークショップF 2011年7月8日

  • 総合教育科目の意義・役割が見えない現状をどう変えるか
    ―シラバス分析に基づく「見える化」の試みと躓き―
     西垣順子(大学教育研究センター)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第9回) :授業デザインワークショップE 2010年7月29日

  • 多人数授業において学生に能動的に考えさせるための工夫
    ―クリッカー(授業応答システム)をどのように活用するか―
     西垣順子(大学教育研究センター)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第8回) :2010年1月29日

  • 効果のある教育を実施するために何を知る必要があるのか
    〜『1人だけで頑張らない教育』を目指して〜
     矢野裕俊(大学教育研究センター)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第7回):授業デザインワークショップD 2009年1月30日

  • レポートの書き方やプレゼンの指導が必要な授業における課題提出システムの利用とその効果
     小田中章浩(文学研究科)
  • 多人数に対応した授業をデザインする(その2)
     大久保敦(大学教育研究センター)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第6回):授業デザインワークショップC 2008年11月28日

  • 多人数に対応した授業をデザインする
    ―200名を越える学生を対象とした野外観察授業の開発と実践―
     大久保敦(大学教育研究センター)
  • クリッカー(授業応答システム)のデモンストレーション
     (株)KEEPAD JAPAN

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第5回):授業デザインワークショップB 2007年7月6日

  • 学部横断型で実施する初年次教育科目について
     植松千代美(理学研究科)
     渡邊席子(大学教育研究センター)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第4回):授業デザインワークショップA 2007年2月8日

  • Webを使ったコース管理支援
     大西克実(創造都市研究科)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第3回):授業デザインワークショップ@ 2005年12月21日

  • 「英語1b」の取組み事例紹介と意見交換・検討
     大野裕之(大阪市立大学 非常勤講師)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第2回) 2004年12月15日

  • TIES(帝塚山大学インターネット教育支援サービス)の利用法
     堀真寿美・細谷征爾(帝塚山大学TIES教材開発室)

    ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


教育支援のためのFDワークショップ(第1回) 2003年11月12日

  • メディアを生かした授業の工夫
     木原俊行(文学研究科助教授)




    ◇大学教育研究セミナー

    第20回大学教育研究セミナー 2016年7月8日

    • 「本学の学士課程学生及び卒業生への調査結果報告」※学内向け
       西垣順子(大学教育研究センター)

    第19回大学教育研究セミナー 2016年6月10日

    • 「本学の大学院生・修了生調査(2014年度実施)結果報告」※学内向け
       飯吉弘子(大学教育研究センター)

    第18回大学教育研究セミナー 2016年5月13日

    • 「入学者追跡調査報告(平成28年3月)」※学内向け
       大久保敦(大学教育研究センター 副所長)

    第17回大学教育研究セミナー 2014年5月29日

    • 「グローバル・コミュニケーションコース(GCC) 2013年度成果報告
       〜GCC_UVicをコアとする「語学で学ぶプログラム」 成果と課題〜」

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第16回大学教育研究セミナー(兼大阪府立大学FDセミナー) 2013年9月6日

    • 「学習成果にもとづく学位プログラムの体系化 チューニングの世界的展開と日本への示唆」について
       深堀總子(国立教育政策研究所 高等教育研究部総括研究官)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第15回大学教育研究セミナー 2012年6月22日

    • 「入門物理学実験・基礎物理学実験T・U学生アンケート調査報告」
       平知宏(大学教育研究センター 非常勤研究員)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第14回大学教育研究セミナー 2012年1月13日

    • 「学生が学べる仕掛けをどう作るか」【ワークショップ型セミナー】
       渡邊席子(大学教育研究センター)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第13回大学教育研究セミナー 2011年12月2日

    • 学生からみた「大学での学び」―初年次教育のあり方を考えるために―
       福島祥行(文学研究科)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第12回大学教育研究セミナー 2011年10月7日

    • 本学の教育の充実に向けた知恵を探す
      本学の教育・FDに関する教員の意識調査 予備調査報告
       飯吉弘子(大学教育研究センター)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第11回大学教育研究セミナー 2011年6月3日

    • 障がいのある学生へ支援のあり方を考える
      ―誰もが安心して学べる環境を皆でつくるために―
       村田淳(京都大学障害学生支援室)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第10回大学教育研究セミナー 2011年5月13日

    • 大阪市立大学の初年次教育のあり方を考える
      ―各学部の初年次教育に関する調査結果を踏まえて―
       西垣順子(大学教育研究センター)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第9回大学教育研究セミナー 2011年4月11日

    • 学問教育共同体としての大学におけるFDのあり方
       Vaneeta D’Andrea(University of the Arts London)
        講師の来日中止に伴い中止

      ※配布されたチラシはこちら(PDF形式)


    第8回大学教育研究セミナー 2010年11月5日

    • 発達障がいを理解し、学生の支援を考える
       講演:「発達障がいのある学生への支援」
        伊丹昌一(大阪府教育センター教育企画部支援教育研究室首席指導主事)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第7回大学教育研究セミナー 2010年10月8日

    • キャリアガイダンス義務化への対応:2011年4月から何が変わるのか
      ―大学におけるキャリアガイダンスとキャリア教育のとらえ方・考え方―
       渡邊席子(大学教育研究センター)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第6回大学教育研究セミナー 2010年5月14日、6月11日、7月2日、7月9日

     <<テーマ:大阪市立大学における教育調査の現状と課題>>
    • 5月14日 話題提供
       (1)入学者受入 大久保敦(大学教育研究センター)
       (2)初年次教育 西垣順子(大学教育研究センター)
    • 6月11日 話題提供
       学生の学習成果をどうとらえるか 機関別認証評価の今後と
       本学の教育調査の現状 渡邊席子(大学教育研究センター)
    • 7月2日 話題提供
       (1)経済学士に必要な能力とその測定・評価―大学からの提案―
         橋本文彦(経済学研究科)
       (2)教員の組織や教授活動―大阪市立大学FDに関する調査から―
         飯吉弘子(大学教育研究センター)
    • 7月9日 総括

    第5回大学教育研究セミナー 2008年7月25日

    • 事例発表
       大久保敦(大学教育研究センター)

    第4回大学教育研究セミナー 2006年6月1日

    • キャンパスが分散している総合大学での教育改善への挑戦
      ─教育目標の共有を目指したFDとe-Learning活用教育の推進を中心に─
       西垣順子(大学教育研究センター)

      ※詳しくはチラシ(PDF形式)をご覧ください。


    第3回大学教育研究セミナー 2005年9月16日

    • 認証評価制度について―大学基準協会の評価のあり方を中心に―
       大澤慶子(大学教育研究センター)

    第2回大学教育研究セミナー 2005年7月6日

    • 専門高校・総合学科高校からの大学接続の現状と課題
      ―新しい概念の工業高校・商業高校の出現に大学はどのように応えるか―
       大久保敦(大学教育研究センター)

    第1回大学教育研究セミナー 2005年6月1日

    • 戦後日本産業界の高等教育改革要望の史的研究〜経済団体教育提言の分析
       飯吉弘子(大学教育研究センター))


トップへ戻る




Copyright(c) Osaka City University Center for Research and Development of Higher Education